コラム/実績紹介

  • SPLUS >
  • コラム/実績紹介 >
  • コラム
コラム
OJT 機能していますか?
2017.09.05

■ 1.OJTとは

OJT(On the Job Training)とは職場の管理者や先輩が、部下や後輩に対して仕事を通じて指導育成を行うことを言います。これに対して、職場から離れて受講するタイプの指導育成方法をOFF-JTといます。
続きを見る

会計基準からみた「人」
2017.06.10

 

今年の大手企業の就職活動の解禁日は6月1日。今年も本格的な就職活動が始まりました。今年はバブル期を超える空前の「売手市場」ということです。報道では「ホワイト企業」であることをアピールするため、「有給取得率」「残業時間の考え方」といったことを学生に説明する企業も多いとのこと。時代時代で、就職活動も変わっていくものなのだなと改めて感じます。
続きを見る

男性保育士の議論とリスクマネジメント
2017.04.23

男性保育士に女児の着替えやおむつ替えを手伝わせることの賛否が議論になっているとの報道を見ました。娘が10か月~小学校入学まで保育園にお世話になり、楽しい時間を過ごさせて頂いた親としては議論になること自体に驚いています。あくまでも個人的意見ですが、男性保育士だ、女性保育士だとおっしゃっている方ほど、実際に男性保育士がいる保育園に子供を預けたことがない方ではないかと思ってしまいます。
続きを見る

DeNAのキュレーション事業に関する「調査報告書」について
2017.03.26

DeNAのキュレーション事業に関する第三者委員会の調査報告書が公表されました。

当該報告書は、DeNAがサービス提供していたしていたサイトのうち、医療・美容系の情報を取り扱っていたWELQに「肩こりは霊のせい」といったような著しく不適切な記事が掲載されていたことをきっかけに、そもそもキュレーション事業で運営していたサービス全体の著作権法等の法令違反や、内容自体が作成・公開されていたことが発覚しました。その詳細な事実関係やその原因追及のための組成された弁護士を中心とした第三者による委員会の報告書となります。
続きを見る

働き方改革へのエール
2017.03.15

3月も半ばに入り、春らしい日も徐々に増えてきました。合格発表や卒業式。年度の節目の様々な行事の季節になってきましたね。桜の開花も楽しみです。

全く突然ですが、私は喫茶店のモーニングが大好きです。仕事と家事、そして子育てでなかなかゆったりした時間が取れない私にとって、朝、出勤途中の30分間、おいしいコーヒーとこんがりトーストが至極の時間です。お店には特にこだわりがあるわけではなく、いわゆるチェーン店によく寄るのですが、最近どこのお店でも気になるのが「人手不足」。明らかにキャパをオーバーしていることです。喫茶店のアルバイトの方達はとても手際がよく、どんどん並ぶお客様の注文をさばいていくわけですが、トーストがぬるかったリ、白かったリ、コーヒーがこぼれたりします。「大変なんだろうなぁ」と思いつつ、こんがりトーストを求めて次の日は別のお店にいくわけです。
続きを見る

本社と現場の距離
2016.10.17

「事件は現場で起こっている」

ちょっと古いですが「踊る大捜査線」のセリフがありますが、本社と現場の距離は今も昔も業界を超えて変わらぬ課題のように思います。

先日、東芝が挑む風土改革の様子がテレビで報道されていました。風土改革の取組の一環として、工場で勤務する若手社員と社長がざっくばらんな雰囲気で積極的に情報交換している様子でした。以前は、社長や役員が現場に来るとなると「大名行列」のような形でそぞろ歩いていたそうですが、その慣習をやめて社長が1名で現場に赴き、現場の若手社員と直接情報交換するようにしたそうです。そこでの30代若手社員の方の発言が辛辣。「本社の人はそもそも現場を知らないものだと思い、指示は聞き流していました。」社長は苦笑されていましたが、これまで拾われることがなかった現場の本音なのでしょう。
続きを見る

不正リスク管理ガイドの公表について
2016.10.10

10月もあっという間に後半に入りました。街はいつから始まったのかハロウィン一色です。これが終わるとクリスマスの飾りが出てきて今年のカウントダウンが始まってしまうのでしょうね。

10月は秋の運動会シーズンでもあります。最近はコミュニケーションを円滑にとるための企業運動会が復活が増えているそうです。 コミュニケーションを良好にとるための一つの手段として「マルチマーケットコンタクト」という考え方があります。これは人間関係において多面的に接触することで組織に対する忠誠心や愛社精神が芽生えるといった考え方です。企業主催の運動会はまさにこの考え方を利用して、企業の一体感を生み出そうとするものです。
続きを見る

監視カメラと心の監視カメラ
2016.09.22

四国のお遍路さんがブームになり、よくテレビも放映されるようになりました。そもそも「お遍路」は、弘法大師(空海)が42歳の時に「人々の災難を取り除くため」と参った霊場をそのお弟子さんが遍歴した四国霊場88か所をめぐることが始まりであったという説があります。人間には煩悩が88あり、霊場を八十八ヶ所巡ることによって煩悩が消え、願いがかなうと言われています。総工程約1400キロメートル。昔は「世捨ての旅」と呼ばれた厳しいものでした。
続きを見る

出光興産の「創業家の乱」
2016.08.03

出光興産の創業家が会社の合併に反対し波紋が広がる

「出光興産創業者、昭和シェルとの合併に反対の見込み」そんな報道がありました。対立の内容は異なるものの、セブンアンドアイホールディングス、クックパッド等創業者と経営陣とが対立するといった報道が続き、「創業者の乱」という言葉も出てきました。
続きを見る

ドーピングとオリンピック
2016.08.03

トーピングとオリンピック

リオデジャネイロオリンピックまであと2日です。ジカ熱、テロ、治安悪化、不況等々多くの不安材料がある中、日本選手もぞくぞくと出国しリオ入りしています。毎日練習をこなし、厳しい選考レースを勝ち抜いてきた選手のすべてのみなさんが日頃の成果を思う存分発揮して、晴れ晴れとした舞台を全力で楽しんでいただきたいと心から願います。
続きを見る