コラム/実績紹介

  • SPLUS >
  • コラム/実績紹介 >
  • コラム
コラム
監視カメラと心の監視カメラ
2016.09.22

四国のお遍路さんがブームになり、よくテレビも放映されるようになりました。そもそも「お遍路」は、弘法大師(空海)が42歳の時に「人々の災難を取り除くため」と参った霊場をそのお弟子さんが遍歴した四国霊場88か所をめぐることが始まりであったという説があります。人間には煩悩が88あり、霊場を八十八ヶ所巡ることによって煩悩が消え、願いがかなうと言われています。総工程約1400キロメートル。昔は「世捨ての旅」と呼ばれた厳しいものでした。
続きを見る

出光興産の「創業家の乱」
2016.08.03

出光興産の創業家が会社の合併に反対し波紋が広がる

「出光興産創業者、昭和シェルとの合併に反対の見込み」そんな報道がありました。対立の内容は異なるものの、セブンアンドアイホールディングス、クックパッド等創業者と経営陣とが対立するといった報道が続き、「創業者の乱」という言葉も出てきました。
続きを見る

ドーピングとオリンピック
2016.08.03

トーピングとオリンピック

リオデジャネイロオリンピックまであと2日です。ジカ熱、テロ、治安悪化、不況等々多くの不安材料がある中、日本選手もぞくぞくと出国しリオ入りしています。毎日練習をこなし、厳しい選考レースを勝ち抜いてきた選手のすべてのみなさんが日頃の成果を思う存分発揮して、晴れ晴れとした舞台を全力で楽しんでいただきたいと心から願います。
続きを見る

女性会計士を増やすためには
2016.07.21

 

7月20日の日経の朝刊に今度、公認公認会計士協会史上初の女性会長、関根愛子さんの記事が載っていました。女性会計士としてはやはりとても期待しています。記事の中に出ていましたが、「女性会計士の比率は5割を超えるが、日本では15%程度を推移」とのこと。よほど魅力がない職業になっていますよね。会計士業界の一員としてはやはり寂しいです。
続きを見る

会議運営の見直しのすゝめ
2016.05.22

 

爽やかな晴天の日が続いていますね。日本の5月は本当に気持ちがいいです。東京オリンピックも猛暑の8月ではなく、5月に開催すれば多くの外国の方が日本をもっと好きになってくれるのにな、と思います。
続きを見る

三菱自動車の虚偽データ提出事件
2016.04.23

三菱自動車の燃費データ改ざん、事実が明るみに出てから何かコメントしなければと思いながら、何が正解なのかわからず、少し時間が経ってしまいました。

データの改ざんは、「報告不正」であり、立派な不正行為であることは疑いの無いことです。ですから、燃費向上の開発が他社に後れをとっており、その開発プレッシャーがあったとはいえ改ざんをする行為は「正解」でないことは確かです。
続きを見る

学ぶということ
2016.04.08

 
先日、東京大学が推薦入試(AO入試)を始めるという報道がありました。東京大学に続き、京都大学も新規の入試スタイルを始めるとのことで、これまでAO入試に消極的であったといわれるいわゆる旧7帝大でも今後AO入試の流れが一気に加速するのかもしれません。
続きを見る

粉飾決算と監査
2016.04.08

東芝の粉飾決算が明るみに出て約1年になります。

先日、青山学院大学大学院会計プロフェッション研究科特任教授で公認会計士の浜田康先生の著書「粉飾決算~問われる監査と内部統制~」を読みました。

続きを見る

ビスサプリネットワークのメルマガに投稿しています
2016.02.28

公認会計士を中心とした専門家ネットワーク「ビズサプリネットワーク」のメルマガに記事を投稿しています。

ガバナンス、会計関係の情報から、それ以外の関心事など様々な分野でビズサプリネットワークのパートナー5名が記事を投稿しています。
続きを見る

東芝第三者委員会報告書(2)
2015.08.12

東芝の不適切会計の第2弾です。その後詳細版も公表され、報道を見る限り整理の仕方としては、

・「チャレンジ」と称した無理な利益目標に対するプレッシャー

・上司にものが言えない組織風土

・適切な会計に対する意識の欠如
続きを見る